Home » gijyutusha ga jibunno namae de kagayakutameno jiko manejimento ryooku kigyou ni tsutomeru gijyutusha ni hissu by Yoshida Shuichiro
gijyutusha ga jibunno namae de kagayakutameno jiko manejimento ryooku kigyou ni tsutomeru gijyutusha ni hissu Yoshida Shuichiro

gijyutusha ga jibunno namae de kagayakutameno jiko manejimento ryooku kigyou ni tsutomeru gijyutusha ni hissu

Yoshida Shuichiro

Published
ISBN :
Kindle Edition
33 pages
Enter the sum

 About the Book 

私の「専門性」や「技術力」は高いレベルにある!という旨のお話を企業に勤める技術者からよく聞きますが本当にそうでしょうか?上の話について筆者なら以下のように質問します。- あなたの専門性や技術力がどのレベルなのか、社外の専門家に客観的評価をしてもらい、その評価結果をもらったことがありますか?いかがですか?この質問に即答できますか?この様な質問に堂々と答えられるのがユニバーサル技術者と言える方々です。今後求められる企業に勤める技術者とは、肩書が無くても「社内外」で通用する人材だと考え、More私の「専門性」や「技術力」は高いレベルにある!という旨のお話を企業に勤める技術者からよく聞きますが本当にそうでしょうか?上の話について筆者なら以下のように質問します。- あなたの専門性や技術力がどのレベルなのか、社外の専門家に客観的評価をしてもらい、その評価結果をもらったことがありますか?いかがですか?この質問に即答できますか?この様な質問に堂々と答えられるのがユニバーサル技術者と言える方々です。今後求められる企業に勤める技術者とは、肩書が無くても「社内外」で通用する人材だと考え、筆者はこれをユニバーサル技術者と呼んでいます。そして、このようなユニバーサル技術者として必須の行動。それは、「社内外」での独り立ちです。ユニバーサル技術者として活動する筆者は、会社勤めを行いながらこの「社内外での独り立ち」の手段の一つとして学術論文の投稿を行い、full paperとして掲載されるという成果を上げることができました。本書では、筆者が「学術論文の投稿」を実践するにあたり、研究者や技術者が重要視{